あらゆるサービスの「解約方法」の掲載を目指したい。

解約方法.com

保険関連

朝日生命を解約する場合の解約返戻金や注意点について

更新日:

朝日生命を解約する方法

朝日生命を解約する場合、その手続きを行う為にはお客様サービスセンターや近くの朝日生命の窓口に行く必要があり、郵送等での解約は受付を行っておりません。

解約を行う際には、本人確認を行う為の運転免許証や保険証書等を準備する事は勿論ですが、

その他に準備が必要になる書類等については、

事前に朝日生命のお客様サービスセンター等に問い合わせておく事が効率的に解約手続きを進める上では大切になります。




朝日生命を解約した場合の返金や解約返戻金

一般的に生命保険を解約する場合には、解約返戻金の支払いを受ける事が出来ます。

この解約返戻金は保険料のん支払い期間や、支払いをした保険料によって変化し、

保険の加入期間が短かったり、安い保険料の生命保険の場合には僅かな金額の解約返戻金になります。

朝日生命の普通終身保険の場合、この解約返戻金を低く設定している代わりに、

通常の保険料を割安にすると言う取り組みが行われており、低解約戻金期間と呼ばれております。

この低解約戻金期間は、終身保険の場合被契約者が満85歳になる契約日迄継続されますが、

保険料の支払いが継続出来ない場合には、保険解約時に受け取る事が出来る解約返戻金が安くなってしまいます。

朝日生命を解約する場合の注意点

朝日生命を解約する場合、いくつか注意しておく必要が有りますので確認しておきましょう。

先ず保険の解約手続きの完了のタイミングは、

朝日生命側が契約者からの解約請求書を正式に受領した時になる事です。

これは、契約者は保険の解約の申し込みをした時期が解約では無いと言う事を意味しており、

正式な解約手続きが完了する迄は、保険に加入している事を意味している為、

保険金の支払いの義務が生じている事になります。

次に注意しておきたい事は、

他社の保険に切り替える場合等には他社の保険の適応時期をきちんと確認し、保険の空白期間を極力小さくする事が大切です。

朝日生命を解約後、他社の保険契約がスタートする迄の空白期間中に、

ご自身の身に何か不足の自体が起こった場合には、何の補償も受ける事が出来ないので充分に注意が必要になります。

又、朝日生命を解約する際に、ご自身の身体の健康状態をきちんと把握しておく事も大切です。

これは他社の保険に切り替える場合、健康状態に問題が有る場合新しい保険契約を結ぶ事が出来ない場合が有る為です。

その為、朝日生命を解約する事が本当に適切なのかをきちんと判断する事も重要な事となります。

-保険関連

Copyright© 解約方法.com , 2019 All Rights Reserved.