あらゆるサービスの「解約方法」の掲載を目指したい。

解約方法.com

保険関連

第一生命の解約方法と注意点

投稿日:

私たちが保険を解約すると当然ですが保障がなくなりますね。

保険を解約したときの解約返還金は、ほとんどの場合は支払った保険料の合計金額よりも少ないですね。

保険を契約してから短期間で保険を解約すると解約返還金はまったくないとおもいます。

第一生命の保険を解約したいと考えている方は設計書や証券などに書かれている解約返還金を確認するとよいでしょう。

保険の解約返還金は保険の加入時期や加入した商品によって変わってきますので自分が考えていたほどの解約返還金がないことも多いです。

ほかにも保険を解約するときの注意点ですが原則として契約者本人が手続きします。

契約者本人が病気やなんらかの理由で保険の解約手続きができないときには代理人を立てることもできますが、そのようなときには条件がありますね。

ひとつめは契約者の正当な代理人であることが重要です。

ふたつめは委任状があることが大事ですね。

3つめは支払口座が契約者名義であることが大切です。

支払口座は解約返還金があるときに必要となります。

保険料の支払いが大変なときには保険の解約以外の方法で無理のないように保険を続けられることもありますので保険の解約のときはよく考えたうえで手続きすることがとても大切です。

そのほかにも保険を解約するときに保険の営業担当者が保険をやめさせないようにするためにしつこく話をしてくるのはとてもいやですよね。

保険の営業担当者が保険をやめさせないように話をしてくる理由は保険の営業担当者には継続率というノルマがあるからですね。

保険の継続率を維持したいために保険の営業担当者だけではなく営業部全体で解約をなるべくさせないようにするようなこともあるとのことです。

ひとつめは保険を解約しようとしても書類を準備するのには時間がかかりますよなどといったこともいわれることがあるとのことですね。

ほかにも今のタイミングで保険を解約するととても損しますよといわれることもあるそうです。

保険を解約するときには、このようなことをいわれることもありますので保険を解約するタイミングはよく考えてから保険を解約するとよいかとおもいます。

ふたつめは保険の営業担当者へ保険の解約をつたえると自宅や職場にやって来て保険を解約するのであれば新しい商品に変えてみてはいかがでしょうといわれたりもします。

保険の解約手続きのそのほかの方法としましては直接本社に電話をしてもよいでしょう。

または保険会社のフリーダイヤルなどでお問い合わせしてもよいかとおもいます。

-保険関連

Copyright© 解約方法.com , 2019 All Rights Reserved.