あらゆるサービスの「解約方法」の掲載を目指したい。

解約方法.com

インターネットサービス・クラウド

Amazonプライム会員の解約方法について

投稿日:

Amazonを利用する機会が減ったので、

『Amazonプライム会員』を解約したいけど、解約方法がよく分からないという方はいらっしゃいませんか?

今回は、『Amazonプライム会員』を解約するにあたって押さえておきたいことについてお話ししていきたいと思います。

Amazonプライム会員の解約方法について

無料期間中の解約も、有料会員移行後の解約もやり方は同じ

Amazonプライムでは30日間の無料期間が設けられていますが、この期間中に解約する場合も、すでに有料会員になった方が解約する場合もやり方自体に違いはありません。

具体的な手順は以下の通りです。

1.Amazonトップページの『ヘルプ』をクリックし、画面下の『お困りですか?』の中にある『amazonプライム会員のキャンセル方法』をクリックします。

2.オレンジ色の『Amazonプライム会員登録のキャンセル』のボタンをクリックし、遷移後の画面で『会員資格を終了する』をクリックすれば解約手続きは完了です。

無料期間中に解約手続きを行い忘れた場合でも安心

30日間の無料期間中に上記の手続きを行わなかった場合は「有料会員」へと移行して、年会費が登録済みのクレジットカードから支払われます。

ただ、有料会員移行後にAmazonで『お急ぎ便・日時指定』のサービスを利用していない方に関しては年会費がそっくりそのまま戻ることになっていますので、無料期間中に手続きを行うのを忘れてしまった場合でも安心です。

有料会員移行後に一度でもサービスを利用した場合

一度でも有料会員向けサービスを利用した後に解約する場合は、「日割り」で年会費が戻る形となります。

ただし、必ずしも日割りで年会費が戻ってくるとは限らず、有料会員向けのサービスを使いすぎてしまうと、年会費は全く戻ってこないという点に注意してください。

解約後に返金が行われるタイミング

返金額が存在する場合は、登録済みのクレジットカードに返金が行われることになっており、返金が行われるタイミングに関しては、登録した各々のクレジットカード会社によって異なります。

有料会員を解約した後に再入会したい場合

有料会員の解約手続き後に気が変わって再入会したくなった場合でも、以下に示す通り、簡単に手続きを行うことが可能です。

1.Amazonトップページの『ヘルプ』をクリックし、遷移後の画面の中にある『プライム会員情報の管理』をクリックします。

2.遷移後の画面の中にある、『会員資格を継続する』をクリックしてください。

解約手続きを電話で行いたい場合

Amazonプライム会員の解約方法自体はそれほど難しいものではありませんが、手続きに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、電話で解約の手続きを行うというのも一つの手です。

その際はこちらから『0120-999-373』へ連絡することも、Amazon側から連絡を入れてもらうこともできます。

Amazon側から連絡がほしい場合の手順は次の通りです。

1.Amazonホームページの中の『ヘルプ』をクリックした後、『問題が解決しない場合は』をクリックしてください。

2.『カスタマーサービスに連絡』をクリックした後、遷移後の画面の『お問い合わせの種類』では『プライム、その他』を選択します。

3.『お問い合わせ内容』の項目は、「Amazonプライム」、『詳細内容』の項目は、「登録内容の変更」を選択して『電話』のボタンをクリックしてください。

4.連絡がほしい電話番号を入力し、『今すぐ電話がほしい』のボタンをクリックすれば完了です。

【終わりに】

ここまでAmazonプライム会員の解約にあたって覚えておきたいことについてお話ししてきました。

先ほどもお話しした通り、解約手続きは決して難しいものではありませんので、落ち着いて確実に手続きを行うようにしましょう。

-インターネットサービス・クラウド

Copyright© 解約方法.com , 2019 All Rights Reserved.